noteに芸術の解釈についての記事を書いてみた

予想はしてたけど、まぁ読まれないよね〜

少しだけ解説すると、ガダマーとかオークショットとかその辺りの考え方をミックスしている。どちらもどっちかと言うと保守寄りの思想家なのは偶然だと思う。

ここのブログ記事に書いた自分の直感的理解が論文で確認できた話

このブログでは、できれば文献で確認できることを書くように努力はしているが、それでも私がその方が分かりやすいと思ったら直観的な理解に基づいたこともよく書いている。そのうち最近の記事に書いた直観的な理解を論文で確認できた例があったので軽く触れてみたい。

エナクティヴィズムは行動主義的である

以前の記事で私は「反表象主義はダイナミカルな行動主義である」と主張したことがあった。それが最近、反表象主義を採用するとされているエナクティヴィズムが実は行動主義でもあると主張している論文を見つけた。 google:Louise Barrett"Enactivism, pragmatism…behaviorism?"では、エナクティヴィズムの源としてプラグマティズムと共にスキナーの徹底的行動主義(radical behaviourism)を挙げている。これにはなるほどと思う一方で、スキナーから核の行動主義思想だけ取り出すことに疑問がなくもない。つまり、スキナーの行動主義(心理学的行動主義とか方法論的行動主義とも呼ばれる)には心理学における研究プログラムとしての側面も強いが、いくら研究プログラムとしてのスキナー行動主義が瀕死状態にあるとしても、研究プログラムの部分を抜き去って思想部分だけ残しても魅力は薄いと思われる。むしろ、同じく行動主義ならもっと哲学的に魅力的な考え方がある。

google:N Alksnin and J Reynolds”Revaluing the behaviourist ghost in enactivism and embodied cognition”では、ギルバート・ライルの哲学的な行動主義(論理的行動主義)を取り上げている。論理的行動主義は方法論的行動主義と違って心に関する全体論を採用している点で哲学的には魅力がある。また、クワインデネット全体論的な行動主義を好んでいるとされていて、やはり哲学的にはこちらの方が議論しがいがある。あぁ、このテーマで論文をどんだけ書けるのやら〜

この同じ論文で、新しい行動主義の側面を持っている哲学者としてセラーズも挙げられている。これはデネットへのセラーズの影響とかを考えると自分としては納得がいく。セラーズは心の哲学における機能主義の創始者の一人としても知られるが、日本では機能主義が反行動主義だと主張する哲学者がいるせいで、セラーズの行動主義の側面がうまく理解されないかもしてない。これは端的に「機能主義は反行動主義だ」という主張が間違っているからに過ぎない。むしろ、欧米には機能主義は行動主義を脱していないと論ずる哲学者もいるが、こっちのほうがずっと説得力がある。

ただ、これらの論文ではエナクティヴィズムに好意的な論者が語っており、エナクティヴィズムと行動主義の関係の確認で終わってるので議論としては物足りなさはある。エナクティヴィズムは哲学的には魅力があると思うので、科学的である振りはもうやめた方が話が健全になるような気がする。

自由エネルギー原理は予測処理のようなメカニズム的説明を与えない

以前にここの記事で、「自由エネルギー原理は予測符号化(予測処理)に対するメタ理論だ」と主張したことがある。これについても、これと全く同じ主張ではないが、実質的には似たような主張をしている論文を見つけた。

google:P Gładziejewski"Mechanistic unity of the predictive mind"ポーランドの学者の書いた論文である、実はポーランドの学者は今、認知科学の哲学のレベルがとてつもなく高くなっていて、お気に入りの哲学者を紹介しようと思ってもいた。この論文の学者はその私のお気に入り学者の同僚みたいだが、これまで読んだ論文はそこまで感心したことはなかったが、今回の論文は面白い部分もあると思った。

科学哲学の世界では、長らく主流であった法則論的説明に対してメカニズム的説明の重要性が強調されてきている。予測処理(predictive processing)はメカニズム的説明を与えるが、自由エネルギー原理は違うとされる。自由エネルギー原理が説明を与えるとしても、それはあまりに一般的過ぎて認知科学を統一できるようなものではない。自由エネルギー原理を記述的とする論文の指摘は私にはどうもピンとこないが、自由エネルギー原理が予測処理より抽象度が高いことを指摘した論文はありそうでなかったので感心した。ただ、理論の抽象性の高低はその理論の意義を直接に定める訳ではなく、その適用範囲を冷静に見ていく必要がある。

この論文の後半は、予測処理が認知科学を統一するとしたらそれはどんなものか?脳には単一の予測処理だけがあるのか複数の予測処理があるのか?みたいな話もしてて、それなりに興味深いがこの記事の趣旨から離れるのでこれでおしまい。

What happend to cognitive science?を読まずに反論論文だけを読む

少し前に認知科学について調べていたら、現在の認知科学を否定的に評価する論文google: R Núñez "What happend to cognitive science?"の要旨ページを見つけた。その要旨を読んで違和感があったが、無料で論文本文を読める訳でなかったせいもあり、そのまま気になりながらも忘れていた。そんなときに、定期的に確認している学術誌「Trends in cognitive science」のアプリで早期公開されている論文を確認していたら、どうも特集を予定しているらしく、まさに「What happend to cognitive science?」への反論をしている論文が幾つか見つかった。それを読んでみたら、自分が感じた違和感が正しかったのが確証できた。そこで、当の批判対象の論文は読めてないけれど、あえて反論論文だけから自分なりに批判内容を紹介してみたい。

反論論文だけ読んでみる

まずは最もよくまとまっている反論論文google:E.P.Cooper"Multidisciplinary flux and multiple reseach traditons whthin cognitive science"を元にして元論文の批判内容を箇条書きしてみよう。

もう一つ「学術誌"Cognitive Science"の採択論文が心理学に偏っている」という批判もあるが、これは認知科学認知心理学と融合するのでは?という予測と共に考えると、認知科学の学際性への誤解と結びついているので一つ目の項目とセットにしようと私なりに判断した。まぁそれを言い始めたら、この二つの項目自体が認知科学を一つの統一した分野と考えている誤解から導かれるのだが、とりあえずこれで話を進めよう

認知科学は学際的な一貫した領域になりそこねたのか?

認知科学が学際的な領域であるというのは日本でも正しく理解されていないところがある。その点では、当の批判論文では認知科学が学際的であることが理解されている部分では正しい。しかし、Cooperが指摘するようにinterdisciplinaryとmultidisciplinaryとの区別がきちんとついていないのが問題となる。

interdisciplinaryとmultidisciplinaryは日本語ではどちらも学際性と同じ語で訳す以外の訳語の選択がなかなか難しい。Cooperの指摘を参考にしながら私なりに違いを述べてみよう。interdisciplinaryは複数の分野に関わりを持っているという意味で、Cooperによるとそこには何かしらの一貫性が前提とされているようだ。対して、multidisciplinaryは複数の分野が参加しているという意味で、Cooperによると各参加分野の同一性は確保されているという。認知科学の場合は、明らかにmultidisciplinaryが当てはまる。実際に認知科学には専門的な心理学者や言語学者人工知能学者が研究に参加しているが、そのことによって元々の専門家としてのアイデンティティーが失われるわけではない。interdisciplinaryの場合は複数の分野の知識が必要になるのかもしれないが、それはその研究者のアイデンティティーとは別の問題だ。もちろん認知科学の中にはinterdisciplinaryの意味で学際的な研究をしている人もいるかもしれないが、それは認知科学がmultidisciplinaryであることに反しない。

認知科学に統一性や一貫性が前提とされていないことは、google:Dedre Gentner"Cognitive science is and should be pluralistic"でも認知科学創始者からのコメントによっても確認されている。現実に認知科学は一枚板ではないのだが、それは2つ目の項目と関わられて論じるが、その前に確認しておくことがある。

批判論文では、学術誌"Cognitive Science"の採択論文が心理学に偏っていることがデータから確認されて、認知科学認知心理学に融合されるのではないかと指摘されている。私の見解では、心理学の研究論文がよく採択されるのは実験や調査をすればとりあえずオリジナルのデータが取れるから論文が書きやすい 1のと、神経科学その他の分野ではそもそも専門誌に論文が投稿されるせいな気がする。それを無視しても、採択論文が偏っているとは別の分野に吸収されて構わない理由にならない。だいたいその程度しか価値のない学術誌はいずれ勝手に消え去るだけだ。しかし、認知科学のmultidisciplinaryな役割はまだ当分はお役御免とはなりそうにないと私は思う。現在の認知科学の問題はもっと別のところにあると思うが、それは別の機会に触れるかもしれない。

認知科学は研究プログラムとして成功してないのか?

研究プログラムとは科学哲学者ラカトシュの提示した概念である。研究プログラムは本気で説明しようとすると大変だが、大雑把に言うと核や保護膜や発見法などからなる科学的な研究を推し進めるためのひとかたまりのプログラムであり、例えばニュートン力学相対性理論などはこうした研究プログラムを持っているとされる。対象の批判論文では認知科学はこうした研究プログラムとしてとして成功していないと言う。しかし、これは科学哲学についてそれなりに知識を持っていればおかしなことを言っているな〜と感じるはずだ。

認知科学は一つの研究プログラムなのだろうか?例えば、成功した科学の典型である物理学を考えみよう。物理学には相対性理論量子力学統計力学などの研究領域があるが、これらが単一の同じ研究プログラムからなっていると言えるだろうか?もちろんそんなことは言えそうにない。だいたいラカトシュは複数の研究プログラムの中から成功するものと後退的なものが出てくるとしているのであり、物理学という分野自体が一つの一貫した研究プログラムを持っている訳ではない。物理学でさえ複数の研究プログラムから成っているのに、なぜ認知科学がただ一つの研究プログラムしか持っていない(持つべきでない)と言えるのだろうか。

認知科学が単一の一貫した研究プログラムだと誤解した理由は、おそらく認知科学の計算主義(情報処理アプローチ)にあると思われる。じゃあ、計算主義を認知科学の研究プログラムの核だとしたら、シンボル処理もコネクショニズムも(最近だとベイズアプローチも反表象主義も)同じ一つの研究プログラムが元になっていると言えるのだろうか?どう考えても、認知科学そのものの中に複数の研究プログラムがあると考えるのが自然だ。

要するに、認知科学はDedre Gentnerも論じているように始めからそして今も多元的なのであり、むしろそうであるべきなのだ。認知科学に一貫した一枚岩であることを求めるのは、そもそものところ見当違いでしかない。


  1. ただし、再現性問題が問題になっている現在でもそれが言えるのかはよく分からない。ただ、メタ分析の問題とかを考えると有意性が出なかったからと言ってデータを公表しなくていいということにはならない気もするが、それはインターネットを使って解決されるべき問題だろう。