記事「ネットは社会を分断しない」を分析する

上にリンクした記事は、元になった新書を書店で既に眺めていたことがあった。その時の感想は、現実のデータを分析してくれるのはありがたいが、データの解釈には疑問があるなぁ〜であった。アマゾンのレビューでも疑問が呈されていて、そのうち誰かがちゃんと検討してくれればいいな…と思っていた。で、上の記事を見つけて読んでみても、基本的な感想には変化がなかったので、少しだけ気づいたことを書いておきたい。

分断と分極化の区別がついていない

最初は用語の問題だが、この著者は分断と分極化の区別がついていない。記事では政治的な左右へと見解が極端に分かれる現象を分断と呼んでいる。だが元々、政治学者や心理学者は見解が極端に分かれる現象をpolarizationと呼んでおり、社会心理学ではもともと分極化や成極化と訳されており、それを知らない人は極端化と直訳ぽくしてる事も多い。これは最近よく使われる用語なので、いい加減に早く正しく使用されてほしい。

一般的に言って、分断とは階級や階層や政治的な左右の差がある人達の間でコミュニケーションや交流が失われたり話が通じなくなったりを指す方が、原意に近いし、私の知ってる範囲ではそちらの方が元々の使われる意味な気がする。

一般的に言って、日本の学者はもうちょっと用語の意味を前もってきちんと調べておいてほしい…と思ってしまうことはよくある。

世代間で政治的な左右観が違っているのでは?

ネットのある記事で、最近の若者には共産党が保守的だと思っている人がいると読んだことがある。これが今の日本にどの程度当てはまるのかは分からないが、少なくとも今の日本では政治的な左右への感覚がかなり混乱している印象が拭えない。

だとしたら、この記事でのアンケート全体をリベラルと保守に分ける分析法では、その分け方による偏りが出てしまうはずだ。この記事での分析結果は、年配者に合った分け方をしているせいなのかもしれない1。ならば、もしアンケートから分極化を知りたいなら、むしろ質問ごとに分極化の傾向を調べる方が左右の分け方の影響がなくなるので、そっちの方が分析として相応しい。てか、なんで始めからそうしてないのか?が私にはよく理解できない。

エコーチェンバーがなくとも集団分極化は起こりうる

記事では、ネットでは自分と同じ意見にばっかり接するとするエコーチェンバーに対して否定的な結果が出ており、これ自体は興味深い結果だ。むしろマスメディアや出版物の方が情報の偏った選択的接触をするという指摘も納得がいく。ネットのコストの低さへの指摘もなるほどと思う。

しかし、反対意見に接すると穏健化するという著者の見解には根拠がない。それどころか、政治学者サンスティーンによって一般的にも広く知られるようになった社会心理学の成果である集団分極化によれば、むしろ逆の結果も導ける2。そもそも、既に触れたように分断指数自体が怪しい(なぜ質問別に分析しない?)ので、どこまで著者の分析を受け入れて良いのか?が私にはよく分からない。

極端な意見をリツイートして広めてるのは誰か?

極端な意見をネットに表明しているのは一部の人々だというのは、何となく正しそうな気がする。だが、この記事での分析はアンケートの書き込みについての質問だけから分析している。しかし、極端な意見がネットで広がるにはリツイートなどをする人の存在が重要であるが、なぜか記事にそこへの言及がない。つまり、書き込みについての質問だけからネットに極端な意見の人が少ないことを証明するのは不十分であり、リツイートやいいねについての質問も考慮すべきではないのか?

本当にネットをよく使う若者は穏健なのか?

若者が政治的に穏健という分析に対しては、既に触れた分断指数の問題もあるが、それを脇に置いたとしても別の解釈もできる。それは若者が政治に無関心である可能性だ。アンケートの結果は、若者が政治的に穏健という結論だけでなく、若者が政治に無関心という結論も排除できない。直観的にも、政治に関心がある方が見解が分かれやすそうだが、それもデータから調べるべきだ3

色々と書いてきたが、インターネットへの悲観論に抗したいという著者の態度には私自身は好意的だ。どうにせよインターネットなしで済ますことなどこれからの社会では不可能なのだから、その設計を良くしようとする努力は必要だし、そのためにも現状を理解する必要もある。


  1. そもそも年配者ほど意見が極端になる可能性もあるので、それも調べるつもりなら歴史的な縦断研究も必要になる。

  2. 正確には、議論に参加すると自分と反対意見に接していても元々の意見を却って強めるようになることなので、意見を見るだけの影響はよく分からない。どっちにせよ、穏健化するの根拠が曖昧なのは同じ。

  3. 動機づけられた認知によれば、元々持っていた動機が強いほどその方向に物事を偏って見るようになる(例えば同じ場面でも判定を贔屓のチームに有利に見がち)とも言われているので、そうなると政治的な穏健と無関心の間の区別はますますつかないことが予想される。

コメントには対応できませんので、承認もしません

私はちょっと古いタブレットやパソコンを使っているのですが、どちらからでもこちらからはこのブログにコメントを書き込むができません。それ以外では特にそれで不都合を感じてないので困ったものです。

と言う訳で、このブログにコメントされても答えられないので、承認もしないつもりです。コメントの表示はするけど書き込みはできなくするのも、できなくて困ってます。ブログの移行は前から考えてはいますが、なかなか条件が合うのが見つかりません。どっちにせよ古い記事へのコメントはできないままなのですが…

御用の方はコメントではなくとりあえずツイッターなら答えられると思います。でも、私はあくまで素人なので専門的な質問には答えられませんし、他の理由で答えられないこともあるかもしれません。返答も遅れる可能性が高いです。それでも良かったらどうぞ!

ちなみに、このブログに既にコメントをもらってはいるのですが、私からの返答はできないのでそのままにしてます。すいません、他意はありません。その人向けに答えると、私は新しい言語学理論は勉強してませんし、それに対して特に強い意見は持っていません。ネットには専門の言語学者がいろいろいるのでそちらから意見を聞くのをお薦めします。

追記(2020.1.4)

本文で対応したコメントを、せっかく書いてもらってたのだから…とコピペして公開しておきます。

あれは10年近く前に書いた記事だし、既に書いたように私は言うべき見解も持っていない(そもそも記事では認知文法に触れてないはず)。むしろ、今なら構文文法や制約に基づく理論の説明を書くべきだと思うし、個人的にはそっちの方が有望そうにも感じる。

id:take656 2019-12-23 21:28:42 認知文法を支持して生成文法を敵視する典型的おバカの立場から生成文法への批判点を書くとこんな感じかなぁ 1. 普遍文法においてなお主語を絶対視すること 論理の観点から主語を特別視するのはわからんではないが、「主語」を平然と省略したり「主語」が見出だせない述語(「寒い!」とか)を使う我々日本語話者の立場からは大きな違和感があるのは当然だと思う。もっと言えば世界の諸言語だと自動詞の主語の分裂だの絶対格だのと主語という概念自体そもそも曖昧になっていることを考えると(確か松本克己先生は「そもそも主語って概念は中世の文法学者達によって後天的に発明されたもんなんじゃないか?」という指摘すらされていたはず)生成文法はヨーロッパ中心の偏った理論だって批判されても仕方ないんじゃないかなぁ。一般化できたところで認知文法の一番目立つ要素(トラジェクター)と次に目立つ要素(ランドマーク)ぐらいが関の山だと思う。 2. 他言語学習者からすれば統語論と語用論と意味論は峻別されるものというより連続的だと言われたほうがしっくり来る。 5構文と単語帳渡された後にイディオムだの文法の例外だの大量にやらされた(もしくはその必要があると気付いた)人達からすると統語論と語用論と意味論の連続を説く認知文法の考え方は自然に納得がいくし、統語論だけを峻別する生成文法の考え方はどうもしっくりこない 3. 普遍文法から現実の各言語の文法までの距離があまりに遠すぎること それを数学や論理を解さないバカと言われるかもしれないが、それでも多くの他言語学習者にとって、生成文法の普遍文法から変形だのフィルターだの膨大な過程を経過して現実の言語の文法に至るという考え方はいつもの文法学習の悪夢を数十倍にもしたなにかだとしか言えないんじゃないか。それをすることが到底現実の言語学習に役立つとは思えないし、もっと言えばただでさえ複雑な現実の言語を普遍文法なるものをベースにしてさらに複雑化させてること自体、一般の他言語学習者には意味不明かつ恐怖を呼び起こさせる行為では。 4. 結局全体として演繹的であること 普遍文法から画一的に全てを説明しようとする考え方は他言語学習者からすると様々な言語の独特な規則を無視しているように感じられるし、それを解決しようとすれば破壊的な理論の更新をせざるを得ない。(現に過去2回破壊的な更新が発生した)その点認知文法はより帰納的な考え方で成り立っているせいで個別の言語の規則を含められるようにするための大胆な理論の更新もより容易なんじゃないか。 まあ実際認知文法も割とヨーロッパ言語中心っぽいところあるんで言うほどでもないんですけどね(トラジェクターとランドマークの考え方とかまんま主語と目的語の考えの延長論だし) ところでその辺を壊して日本語とかに合わせて新たに認知文法の理論を拡張してる論文もあるんですけど(具体的には中村芳久先生のIモード/Dモード認知の理論)これって蒼龍さん的には「レベルの高い研究」なのか「目障り」なだけのありがちなゴミ論文なのかどっちなんですかね? <

心理学評論が事前登録制はじめるってよ!でもねぇ〜

心理学評論のプレプリントで見たけど、追試だけ事前登録制を適用するらしい。心理学で騒がれている再現性問題については、今年よい本が翻訳されたのでそれが読まれれば問題ないだろう…と思っていたがどうもそうもいかなそうだ。

そもそも心理学評論がレビュー論文が中心でオリジナル論文はあまり掲載しない学術誌であること(そもそも事前登録制は必要ないのでは?)は脇に置くと、何が分かってないって、追試が掲載されない問題と事前登録制で解決されるべきHARKingの問題が別々の問題なことが分かってないことだ。

HARKingは追試が相手にされていなかったこれまでの心理学研究で主に起こった問題だ。要するに、追試とかでない普通の心理学研究でこそHARKingが起こりやすいのだ。むしろ追試はするべき実験が前もって定まっているので、HARKingは却って起こりにくいはずだ。どうも追試の問題とHARKingの問題が混同されてる匂いがプンプンしてくる。

HARKingの一例を説明してみる

HARKingについては本気で説明しようとすると大変だが、一つだけ説明する。

心理学研究で有意差を出そう

大雑把に説明すれば、心理学実験はある条件の元でどのような効果が出るのかを調べるものだ。条件(例えばうるさい環境での記憶)と効果(例えば記憶テストの結果)の関係を調べて、その間に有意差が出たら条件と効果に関係があると分かる。ここで本来ならどんな条件でどんな効果が出るはずだという仮説を立てて実験すべきだ。しかし、せっかく苦労して実験しても何も意味のある成果も出ないのは困りものだ。その悩みの種を解消するための方法がある!一つの実験で条件や効果を同時に沢山調べてしまうことだ。同じ実験でいろんな尺度を測っておくなどで一度に沢山いろんなことを同時に調べておけば、その内のどれかは有意差が出てくれるはずなので、実験にかかる費用や手間が無駄にならなくて済む。あぁ、なんて素晴らしいやり方なんだろうか!!

さて、有意差とはなんだろうか?簡単に言えば、起こりそうもないことが起こったときはそこには何かがあると考えることだ。サイコロを十個振って全て一の目が出たとすると、単に凄い偶然かもしれないが、そもそも一の目が出やすいサイコロなのかもしれない。有意差とは凄い偶然は滅多に起こらないということから導かれている。記憶テストの結果がこんなにひどいのはうるさい環境で記憶したからなんだ!それは単なる偶然ではない!

そこで沢山の尺度を測っておいてその有意差を調べる実験を考えよう。その内の一つの尺度が有意差が出たとする。つまり滅多にない事態が起きたのだが、それは単なる偶然とは思えないからそれは意味のある事なのだ!しかし、それは本当に滅多にない事態が起きたのだろうか?

なぜ尺度を沢山測る方法が問題なのか

ある尺度に有意差が出るかどうか調べるのは、あるサイコロがイカサマでないか調べるのと統計的には同じことである。一つの尺度に一つのサイコロが対応するとすれば、有意差が出るのは仮想上の百面サイコロを振って一度で一の目が出るのと変わらない。やった!一回で一の目が出たぜ!えっ?でもそれは本当に一度でその目が出たと言えるの?

どんな偶然も何度も試せばいつかは必ず起こる。私が難病にかかる率が凄く低くても、世界じゅうの誰かはその難病にかかってるかもしれない。百面サイコロも百回振れば一度ぐらいは一の目が出る。一つの尺度に一つのサイコロが対応してると考えると、沢山の尺度を測るのは沢山の別々のサイコロを振るのと同じだ。イカサマのない一つのサイコロも何度も振れば一の目はそのうち出る。沢山のサイコロが全てイカサマなしで一つのサイコロを一度づつ振るだけであっても、実はやってることは同じだ。そのサイコロを振ったのは始めてだとしても、サイコロを振るという試行は既に何度も繰り返されている。そりゃあ、どれかのサイコロ(尺度)は偶然みたいな結果になるだろうけど、それはもう滅多にない事態とは言えないよ!

沢山の尺度を測っておいて、有意差が出たものだけを公表するのはHARKingの典型的な手法である。そこに含まれる問題は上の説明で分かるはずだ。しかし、本当の問題はその有意差の出た尺度を、前もって調べようとした仮説であると詐称することだ。同じ結果でも、有意差の出た尺度だけ発表するのと、有意差の出なかった全ての尺度と共に公表するかで、それを見る側の解釈は異なってしまう。本当は何度も(別々の)サイコロを振ってたくせに、滅多にない偶然が出た動画だけを巧みな編集で公開して超能力のある証拠だ!と言うのと同じだ。

まずは事態を正しく理解しよう

ここまで説明すれば、なぜ事前登録制が必要なのか?も分かるし、それは調べるべき尺度が前もって分かってる追試では意義が薄いのも分かるはずだ。仮説検証型の研究一般にこそ事前登録制は適用されるべきなのだ!

ちなみに、私自身の見解を述べると、心理学研究に事前登録制は必要だが必須ではないと思う。あっさり言うと、厳密な仮説検証型の研究をしている心理学者がそこまで沢山いるとは思えない。むしろ問題は本当は探索型の研究をしてるくせに仮説検証型の研究の振りをすることだ。それこそがHARKingが起こる原因でもある。探索型であれ仮説検証型であれ追試であれ、分担して研究を進める必要が理解された方が良いように思う。