どうも、最近使っていた古いタブレットが突然にぶっ壊れてかなり困った蒼龍です。その後、リサイクル店で手頃な中古タブレットを見つけて助かったわ。

認知科学については日本ではあまり知られていないが自分ならそれなりに知っているようなことは探せばあるだろうが、面倒なのと知らせる動機が湧かないのとでやる気が起きない。最近だと計算主義批判に反論した論文が面白くて記事に書こうかとも思ったが、そもそも日本では計算主義も(身体化論による)計算主義批判もろくに知られてないのに計算主義への反論について書く意義がよく分からないし、一から説明するにも面倒で取り掛かる気は起きない。

最近の日本の認知科学事情だと、リサ=バレットの情動(emotion)論の著作が訳されたのが目についたかな。ちゃんと読んでないからここで大したことは言えないけど、リサ=バレットによる情動の構成主義から内受容感覚の予測符号化へという流れは、フリストンの認知的存在論(cognitive ontology)から自由エネルギー原理へという流れに対応している。つまり、機能や情動の脳部位対応説が失敗したことから脳の計算的メカニズムの探求へと言う流れは共通している。脳の計算的メカニズムとしてはベイズ脳が想定されているが、ベイズ脳における合理性を批判する論文も少し前に読んでいて面白いとは思ったが、それを紹介するのもまだやる気がしない。

それよりも、最近の日本の政治事情を見ていてイライラしてくるところがあるのでここに書いてスッキリする。それは日本での制度への注目のあまりのされなさにうんざりしている。つまり、官僚が政治家に忖度するそもそもの原因は、人事を政治家に握られているせいである。そこの問題に気づかないのはそれこそ権力分立も議院内閣制も日本ではろくに理解されていない証拠だ。

議院内閣制について知るには古典であるバジョット「イギリス憲政論」を読むのが一番だが、これは読まれていないどころか、日本では手軽に手に入れることさえできない。そのせいか、議院内閣制とは専門知識を持った官僚を素人としての大臣(政治家)が見張るという形式が理解されていないように見える。確かに元々の日本の大臣は官僚の犬みたいな立場で問題があったが、それが今回は真逆に政治家が官僚の人事を握ったら権力分立が完全に崩れっ去ってしまって官僚が政治家の犬になってしまう。議院内閣制では三権分立が守られていない…はバジョットの見解ではあるが、それは一方が他方に従属する犬になっていいことを意味していない。こんな馬鹿な制度を作ったのはどこの誰なのか?なんできちんと反対できなかったのか?はきちんと調べておいたほうが良い。

ちなみに、日本では制度か人か?の二者択一を持ってきて、制度では問題は解決しないから人だ!という論者もいるが、これはまやかしだ。もちろん制度も人も!が正しい。だいたい制度は人が安易に間違ったことをしないようにしたり(権力分立!)、できればうまく物事が運ぶようにしたりするための仕組みで、制度だけで問題が解決すると思うのが勘違いだ。

日本の問題は最新の理論や技術以前の基礎知識レベルで解決すべきところも多いが、それが指摘されることさえ少ない。実は日本には制度上の問題はもっと広範囲に見られるものでもある。

noteに芸術の解釈についての記事を書いてみた

予想はしてたけど、まぁ読まれないよね〜

少しだけ解説すると、ガダマーとかオークショットとかその辺りの考え方をミックスしている。どちらもどっちかと言うと保守寄りの思想家なのは偶然だと思う。

ここのブログ記事に書いた自分の直感的理解が論文で確認できた話

このブログでは、できれば文献で確認できることを書くように努力はしているが、それでも私がその方が分かりやすいと思ったら直観的な理解に基づいたこともよく書いている。そのうち最近の記事に書いた直観的な理解を論文で確認できた例があったので軽く触れてみたい。

エナクティヴィズムは行動主義的である

以前の記事で私は「反表象主義はダイナミカルな行動主義である」と主張したことがあった。それが最近、反表象主義を採用するとされているエナクティヴィズムが実は行動主義でもあると主張している論文を見つけた。 google:Louise Barrett"Enactivism, pragmatism…behaviorism?"では、エナクティヴィズムの源としてプラグマティズムと共にスキナーの徹底的行動主義(radical behaviourism)を挙げている。これにはなるほどと思う一方で、スキナーから核の行動主義思想だけ取り出すことに疑問がなくもない。つまり、スキナーの行動主義(心理学的行動主義とか方法論的行動主義とも呼ばれる)には心理学における研究プログラムとしての側面も強いが、いくら研究プログラムとしてのスキナー行動主義が瀕死状態にあるとしても、研究プログラムの部分を抜き去って思想部分だけ残しても魅力は薄いと思われる。むしろ、同じく行動主義ならもっと哲学的に魅力的な考え方がある。

google:N Alksnin and J Reynolds”Revaluing the behaviourist ghost in enactivism and embodied cognition”では、ギルバート・ライルの哲学的な行動主義(論理的行動主義)を取り上げている。論理的行動主義は方法論的行動主義と違って心に関する全体論を採用している点で哲学的には魅力がある。また、クワインデネット全体論的な行動主義を好んでいるとされていて、やはり哲学的にはこちらの方が議論しがいがある。あぁ、このテーマで論文をどんだけ書けるのやら〜

この同じ論文で、新しい行動主義の側面を持っている哲学者としてセラーズも挙げられている。これはデネットへのセラーズの影響とかを考えると自分としては納得がいく。セラーズは心の哲学における機能主義の創始者の一人としても知られるが、日本では機能主義が反行動主義だと主張する哲学者がいるせいで、セラーズの行動主義の側面がうまく理解されないかもしてない。これは端的に「機能主義は反行動主義だ」という主張が間違っているからに過ぎない。むしろ、欧米には機能主義は行動主義を脱していないと論ずる哲学者もいるが、こっちのほうがずっと説得力がある。

ただ、これらの論文ではエナクティヴィズムに好意的な論者が語っており、エナクティヴィズムと行動主義の関係の確認で終わってるので議論としては物足りなさはある。エナクティヴィズムは哲学的には魅力があると思うので、科学的である振りはもうやめた方が話が健全になるような気がする。

自由エネルギー原理は予測処理のようなメカニズム的説明を与えない

以前にここの記事で、「自由エネルギー原理は予測符号化(予測処理)に対するメタ理論だ」と主張したことがある。これについても、これと全く同じ主張ではないが、実質的には似たような主張をしている論文を見つけた。

google:P Gładziejewski"Mechanistic unity of the predictive mind"ポーランドの学者の書いた論文である、実はポーランドの学者は今、認知科学の哲学のレベルがとてつもなく高くなっていて、お気に入りの哲学者を紹介しようと思ってもいた。この論文の学者はその私のお気に入り学者の同僚みたいだが、これまで読んだ論文はそこまで感心したことはなかったが、今回の論文は面白い部分もあると思った。

科学哲学の世界では、長らく主流であった法則論的説明に対してメカニズム的説明の重要性が強調されてきている。予測処理(predictive processing)はメカニズム的説明を与えるが、自由エネルギー原理は違うとされる。自由エネルギー原理が説明を与えるとしても、それはあまりに一般的過ぎて認知科学を統一できるようなものではない。自由エネルギー原理を記述的とする論文の指摘は私にはどうもピンとこないが、自由エネルギー原理が予測処理より抽象度が高いことを指摘した論文はありそうでなかったので感心した。ただ、理論の抽象性の高低はその理論の意義を直接に定める訳ではなく、その適用範囲を冷静に見ていく必要がある。

この論文の後半は、予測処理が認知科学を統一するとしたらそれはどんなものか?脳には単一の予測処理だけがあるのか複数の予測処理があるのか?みたいな話もしてて、それなりに興味深いがこの記事の趣旨から離れるのでこれでおしまい。